2011年11月17日

「ビクッ」の正体

本日もちょっとした雑学をご紹介。

居眠りをしているときに体がビクッと動いてしまうことがあります。「落ちる夢」を見ているから体が動くという方もいますが、実際はどうなんでしょう。

あの「ビクッ」の正体は、「ミオクローヌス症候群」という筋肉の痙攣です。意識とは関係なく手足の筋肉が勝手に動く症状なのですが、原因はよくわかっていないのだそうです。ただ、ビクッとなってしまうときには、実際に「落ちる系」の夢を見ていることが多いのだそうですよ。

私の場合は、肉体的に疲れている時によくビクッとなります。実際に、一日中激しい運動をした帰りの電車で、5センチくらい座席から飛び上がってしまったことがあります。それはもう、とてつもなく恥ずかしかったですね。。。
タグ: 筋肉 運動
posted by zatsugaku at 23:08 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。