2012年02月19日

Mac OS Xのコードネーム

本日もちょっとした雑学をご紹介。

先日、新しい「Mac OS X v10.8 Mountain Lion」が発表されました。

ところで、Mac OS Xのコードネームには代々ネコ科の猛獣の名前が付けられているのは有名ですが、実はOS Xが正式リリースされる前のPublic Betaバージョンには熊の名前が付けられていました。

・Public Beta (Kodiak)
アラスカとブリティッシュ・コロンビアの沿岸のヒグマ

・Mac OS X v10.0 (Cheetah)
チーター

・Mac OS X v10.1 (Puma)
ピューマ(ヒョウの一種)

・Mac OS X v10.2 (Jaguar)
ジャガー(ヒョウの一種)

・Mac OS X v10.3 Panther
ヒョウ(このバージョンからコードネームがそのまま製品名になる)

・Mac OS X v10.4 Tiger
トラ

・Mac OS X v10.5 Leopard
レパード(ヒョウの一種)

・Mac OS X v10.6 Snow Leopard
ユキヒョウ(ヒョウの一種)

・Mac OS X v10.7 Lion
ライオン

・OS X v10.8 Mountain Lion
クーガー、アメリカライオン(ヒョウの一種)

これらを見て分かるように、日本語にすると「ヒョウ」にあたるものがたくさんありますね。そろそろネコ科の動物名で統一するのは限界かもしれませんね。
タグ:Mac OS 名前
posted by zatsugaku at 18:31 | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。