2011年05月30日

ししゃも

本日もちょっとした雑学をご紹介。

家庭の食卓を彩る「ししゃも」。プチプチの卵がおいしいですよね。しかしアレ、そのほとんどは実はししゃもじゃないって知ってました?

「本ししゃも」は世界中でも北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れない大変希少な魚です。漁獲高の減少に伴い、現在一般に出回っているもののほとんどは実は北極海で獲れる「カラフトシシャモ(カペリン)」という魚なのです。「カラフトシシャモ」は「本ししゃも」に外見や食感が似ておりそれなりの味が安く味わえるため広く流通していますが、学術的、生態的に北海道産ししゃもとは全く異なる種類です。

そうか、あれは貴重な「本ししゃも」の代用品として広まった「カラフトシシャモ」だったのか・・・まぁいいじゃないですか、おいしければ。でも本物のししゃもも気軽に楽しめるようになるといいですね。

【かなはし水産】【北海道釧路産】糠さんま20本入1箱

新品価格
¥1,500から
(2011/8/12 22:20時点)


posted by zatsugaku at 22:15 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。