2011年01月31日

「々」の読み方

本日もちょっとした雑学をご紹介。

「人々」や「様々」など、同じ漢字を繰り返すときに使う「々」というこの文字。これは何と読むのが正しいのでしょうか?

この「々」という文字は漢字ではなく、ひらがなやカタカナでもありません。実はこれは「記号」なのです。この「々」には「同じ漢字を繰り返す」という意味があり、この記号自体に読み方はありません。また、「々」で繰り返すことができるのは漢字だけで、ひらがなやカタカナを繰り返すことには使えません。

ちなみに、パソコンなどで「々」を変換する場合は、「どう」や「おなじ」で変換することができます。「人々」と変換してから「人」を消していたそこのアナタ!ぜひお試しあれ。
posted by zatsugaku at 01:26 | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

山手線を走る列車の数

本日もちょっとした雑学をご紹介。

日本で最も有名な路線のひとつと言っても過言ではないであろう「山手線」。東京、上野、池袋、新宿、渋谷、品川、新橋と、東京の中心をぐるりと回る大動脈です。ラッシュ時はもとより、日中でもほとんど待たずに次の列車がやってくる山手線ですが、いったい何本の列車が同時に走っているのでしょうか?

平日朝のラッシュ時には最多で外回りで25本、内回りで24本、合計49本の列車が同時に山手線のレールの上を走っています。ところで、山手線の列車は1編成11両です。1両の長さは20mですので1編成では220mになります。1周34.5kmの山手線のレール上のうち、最多時には220m×25編成=5.5kmは列車で埋まっている状態ということになります。次の列車がすぐにやってくるのもうなずけますね。

ちなみに、山手線の列車は全部で52編成あり、朝のラッシュ時でも3編成は予備として車庫に待機しているそうです。
posted by zatsugaku at 02:51 | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

皇居外周コース

本日もちょっとした雑学をご紹介。

皇居外周は一周約5kmのランニングコースとして市民ランナーには有名です。東京のど真ん中、こんなところがなぜランニングコースとして人気が高いのか。走ったことがない人には不思議かもしれません。

実は、このコースには信号がありません。正確には信号のある交差点はあっても、歩道を走るランナーはそれを渡る必要がないのです。東京の真ん中にもかかわらず一度も信号に引っかからずに走れるコースはランナーにとっては非常に魅力的なのですね。しかも、東京メトロの竹橋、大手町、二重橋前、桜田門、半蔵門などの駅からアクセスがよく、また荷物を置いておけたりシャワーが浴びられる施設が充実しているところも大きな魅力といえるでしょう。

ちなみに、このコースの歩道上には47都道府県のシンボルとなる花をあしらったパネルが約100m間隔に埋め込まれています。ただし47種類だと5kmに足りなくなるため、千代田区など都道府県に関係のない花が他に3つ含まれています。
posted by zatsugaku at 22:08 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。